~ 出陣!菱友会ねぶた ~

このページでは菱友会ねぶた全作品を説明付きでご紹介します。
(画像クリックで詳細へ)

画像の無断複製禁止

三菱グループ
青森菱友会ねぶた

- 令和六年度 -

新天地 海峡の先へ

 平家追討軍を指揮し最大の武功をあげるも、兄の源 頼朝に追われ奥州平泉で自ら命を絶った、源 義経。英雄の悲劇的な生涯は東北、北海道の各地に数多の伝説を生んだ。
 ひそかに平泉を脱出し生き延びた義経は、逃避行を続け津軽半島の三厩にたどり着いた。目指すは蝦夷地。しかし、津軽海峡には激しい風が吹き波は高く、行く手を遮った。神仏にすがり風波を静めるほかないと、義経は岩に端座し、肌身離さず持っていた観音像に三日三晩祈り続けた。そして満願を迎えた夜明けー
 義経目の前に老翁が姿を現し「汝の誠意は伝わった。神通力を持った龍馬を三頭授ける。」と告げた。義経が岩穴を見ると、そこには馬の如く疾駆し龍の如く天を飛翔する霊獣、麒麟が三頭つながれていた。そして、この麒麟に跨り津軽海峡の先、蝦夷地へと渡ることができたという。
 老翁と麒麟に導かれた義経が新天地へはばたくが如く、郷土青森がさらなる高みへと向かうことを強く願うものである。

解説/竹浪 比呂央

- 令和六年度 -

新天地 海峡の先へ

- 令和五年度 -

牛頭天王

- 令和四年度 -

龍 王

- 令和三年度 -

雪の瓦罐寺

- 令和元年度 -

紀朝雄の一首 千方を誅す

- 平成三十年度 -

岩木川 龍王と武田定清

- 平成二十九年度 -

七 戸 立

- 平成二十八年度 -

箭根森八幡

- 平成二十七年度 -

つがる新田 信政公と水虎様

- 平成二十六年度 -

大間の天妃神 千里眼と哪田

- 平成二十五年度 -

津軽野萩ノ台合戦
奮戦 安東堯季

- 平成二十四年度 -

羅 漢

- 平成二十三年度 -

田村麿と妙見宮の鬼面

- 平成二十二年度 -

阿倍比羅夫 津軽深浦に立つ

- 平成二十一年度 -

津軽為信と卍・錫杖

- 平成二十年度 -

蓬田村伝説 金光上人と阿弥陀川

- 平成十九年度 -

鬼神太夫

- 平成十八年度 -

じょんがら節発祥の由来
常縁奮戦

- 平成十七年度 -

小川原湖伝説 道忠幻生

- 平成十六年度 -

猿賀権現 鬼面奉射

- 平成十五年度 -

志功画伯に捧ぐ
赫不動・青不動

- 平成十四年度 -

龍飛の黒神

- 平成十三年度 -

亀ヶ岡 幻想

- 平成十二年度 -

今別の伝説より 大泊の鬼

- 平成十一年度 -

文殊 [梵珠山の由来より]

- 活彩あおもり大祭典出陣ねぶた -

十和田湖の伝説より
八之太郎と南祖坊

- 平成十年度 -

森山弥七郎信真 青森開港

- 平成九年度 -

秦の徐福と権現崎

- 平成八年度 -

雲谷の頓慶と七鬼面

- 平成七年度 -

奥羽大乱 善知鳥崎の兼任

- 平成六年度 -

北方夢幻・津刈丸

- 平成五年度 -

火風天神

- 平成四年度 -

魯智深・五台山を揺がす
-水滸伝より-

- 平成三年度 -

成三年

- 平成二年度 -

幕上げ五郎

PAGE TOP